公益財団法人 三重県健康管理事業センター/健診センター サンテ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

情報公開・個人情報保護方針

お問い合わせはこちらから



広報・普及啓発事業

HOME > 広報・普及活動

三重県健康管理事業センターでは、結核・がん・生活習慣病の予防について普及啓発活動を行い県民の健康づくりに努めています。また、これらの普及啓発事業を推進するために会員募集や寄付金の募集などの資金造成活動を行っています。

普及啓発活動

普及啓発資材の製作・配布

がん征圧月間(9月)、結核予防週間(9月24日〜30日)、生活習慣病月間(2月)に、がん・結核・生活習慣病予防のポスター・チラシ・パネル等を製作配布し、普及啓発活動を行っています。

健康づくりに関する講習会・研修会の開催

住民・事業所を対象とした健康づくりに関する講習会、研修会を開催したり、市町の健康まつ りに参加しています。

がん研究助成

がんに関する調査・研究・支援を行う個人・団体に対して、がん研究助成を行っています。

精度管理のための講習会・研修会の開催

結核指定医療機関医師講習会、各種がん専門委員会を開催しています。

がん患者・家族の相談支援

がん患者・治癒者・家族の方の相談支援活動を行っています。

結核予防婦人会との連携

結核予防婦人会と連携して、家庭における結核予防や健康づくりを推進しています。

資金造成活動

複十字シール運動〜地球上の結核を撲滅するために〜

複十字シール運動は世界中の結核を撲滅し、肺がんやその他の胸部疾患をなくして人々が健康で幸せであるように、複十字シールを通じこれらの病気の予防に目をむけていただき、そのための事業資金を集めるために行われている募金活動です。

結核の現状

世界の結核

世界では20億人(世界人口の3分の1)が結核に感染しており、毎年800万人以上が結核を発病、200万人が結核で命を落としています。また今日では、HIV感染者の3分の1が結核を発症、エイズ死亡の11%は結核が原因であり、世界の結核は毎年0.4%ずつ増えています。

日本の結核

日本では、高齢者における結核患者の増加、相次ぐ集団感染の多発、薬の効かない多剤耐性結核の出現など、深刻な問題を抱えています。結核死亡率はオランダの8倍。先進国では最下位グループに属します。結核は、「社会経済的、肉体的弱者の病気」へと様変わりし、重点を絞った、効果的な新対策への見直しが進められています。

シール募金の歴史

1903年、デンマークの郵便局員のアイナール・ホルベルはクリスマスシーズンを迎えるたびに、山積みされた郵便物を見て「この郵便物に、誰でも買える値段のシールを貼ってもらったら、その収益金で子供のための結核療養所を作れるのでは?」と思いつきました。この着想は国民的支持を得て1904年世界最初のクリスマスシールが誕生しました。その後このシール運動は世界各国に広まり、現在80カ国でそれぞれのお国柄が反映されたシールが発行され結核対策に役立てられています。

結核予防会の国際協力

結核予防会では複十字シール募金の益金によりネパール、ミャンマー、インドネシアなどの途上国の結核をなくすため、独自のプロジェクトにも力を注いでいます。

がん寄付金の募集

目的

日本対がん協会三重県支部として、次の事業を行う目的で寄付を募っております。香典返しに代えてのご寄付、快気祝い、還暦、古希、銀婚式などのお祝いの際のご寄付もお受けしています。

  • がんに関する調査・研究への助成
  • がん予防のための知識の普及・啓発活動
  • がん患者やその家族を支援する活動
  • がん検診機器の整備
  • 専門家の育成・研修

寄付者一覧.pdf (2014/03/26現在)

このページのトップへ

お問い合わせ

資料請求、健康診断に関するご相談など、お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせはこちら