公益財団法人 三重県健康管理事業センター/健診センター サンテ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

情報公開・個人情報保護方針

お問い合わせはこちらから



健康診断

HOME > 健康診断 > 職域健診 > 行政指導による健康診断

職域健診

行政指導による健康診断

1.VDT健康診断

VDT作業に常時従事する労働者に対しては、作業区分に応じて配置前および定期に健康診断を実施する必要があります。

2.騒音作業健康診断

等価騒音レベルが85dB以上になる可能性が大きい作業場(平成4年10月1日基発第546号通達の別表1、2参照)の業務に従事する労働者に対し、雇入れ時、または当該業務への配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に下記の健康診断を行わなくてはなりません。
但し、作業環境測定の結果その作業場の等価騒音レベルが85dB未満の場には、6ヶ月以内ごとに1回定期の健康診断は省略することができます。

(雇入れ時等健康診断)

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • オージオメーターのよる250、500、1000、2000、4000、8000Hzにおける聴力の検査
  • その他医師が必要と認める検査

(定期健康診断)

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • オージオメーターのよる1000および4000Hzにおける選別聴力検査
    尚、定期健康診断の結果、医師が必要と認める者については下記の検査を実施しなければなりません。
  • オージオメーターのよる250、500、1000、2000、4000、8000Hzにおける聴力の検査
  • その他医師が必要と認める検査

このページのトップへ